自動車リサイクル法について

010351

 

最近では、エコロジーだ、省エネルギーだと言うことで節約、節水、節電などと言った消費に対しての抑制をうながす動きがよく見られるようになりました。無 駄なものは買わない、買い物のときはエコバッグ、できるだけ長持ちする製品を買うようにして使うなどというのがありますが、リサイクルも同じく今のこうし たエコロジーな環境づくりの中で、前よりも活発になって来ていることになります。

 

リサイクルと言えば身近なものでペットボトル夜間、ビン、古新聞、ダン ボールなどと数えればキリがありませんが、機械製品でも同じようにリサイクルできるものはリサイクルしようと言うことで、冷蔵庫やクーラー、洗濯機などの 家電リサイクルが少し前に有名になりましたのは記憶に新しいところ。そして家電ではないですが、『白物家電』として自動車がリサイクルされているのも有名 です。

 

自動車リサイクル法と言う法律が制定された結果、まだまだ使える自動車のパーツを取り外して再利用するだけではなくて、これまで処分がむずかしかっ たフロン類、エアバッグなどの処分にかんしての方法が示唆されたのです。自動車は今の時代には欠かせない乗り物であるからこそ、リサイクルにも力を入れる のです。