リサイクルパーツ

自動車のリサイクルをするとなれば、当然リサイクルと言う言葉が入っているわけですから、その自動車からまだまだ使えるパーツを取り外して再利用すること ももちろんあるのです。自動車は消耗品ではありますが、今の時代は昔と違って自動車のパーツの耐久度も大幅に高くなったので、メンテナンスフリーで自動車 を乗れる時代になりました。

 

ですがいつかは自動車を買い替えたり、自動車が入らなくなると言うことももちろんありますから、そのときに下取りや売却に出し たり、廃棄処分することの選択をオーナーは迫られます。その中で値段が付かずに廃車として廃棄処分をするとなると、いくらかのお金を支払ってリサイクルに 出さなければなりません。そうしてリサイクルに出された自動車はパーツの選別をすると言うわけです。

 

非常に多くのパーツから成り立っている自動車は、その パーツの耐久度もそれぞれ違うわけですから、まだまだ使えるパーツの数も廃棄する自動車の状態によって決まります。基本的には大きく分けてまだまだ使える パーツが取れる場所は、エンジン関係、ブレーキやサスペンションなどの足回り、シートやハンドルなどのボディ関係に分けられ、中古パーツショップなどにお ろされることもあります。

 
ミュゼ 八王子東急スクエア店の店舗情報
 

 

 

 

コメントは受け付けていません。