概要と対象の自動車

自動車がリサイクルに出される時には、この自動車リサイクル法と言う法律が絡んできますが、これは『自動車を安全にリサイクルして、まだまだ使える部品の 再利用の活性化を目指す』ものとして制定されました。中身としてはシンプルなものであり、、自動車の購入時に『リサイクル券』を購入して、リサイクルのか かる料金をその自動車のオーナーが支払う』と言うものがあったり、『自動車のリサイクルセンターがこれを主導する』と言う形になっていたり、『自動車メー カーは自動車のリサイクルにかんしての責任をしっかりと果たす』と言うものなどがあります。

 

そして対象となる自動車ですが二輪車や、けん引するための車、 小型や大型の特殊な自動車、そのほかに政令でさだめているもの以外の自動車がすべてリサイクルの対象になります。もちろんトラックやバスなどといった大型 の自動車も対象になっていますし、ナンバープレートがついていない自動車も同じことです。ですが保冷車などの取り外して使う装置は対象外になります。ま た、二輪車は各二輪車のメーカーがそれぞれ独自にリサイクルに乗り出すことになったため、この自動車リサイクル法とはまた別に扱われるものとされていま す。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。