自動車のリサイクル

リサイクルとひとくちに言っても、それはリサイクルをする製品によって処分の内容や方法が変わってきます。ペットボトルや空き缶などはそれ専門の業者が、 たとえばの話ですがペットボトルを粉砕して制服の材料にするなどと言うように新たな資源に生まれ変わらせてくれますし、ダンボールや古新聞などは古紙の回 収業者が集めて持って行ってくれます。

 

しかし、自動車をリサイクルするとなるとどうなるのでしょうか。今では家電リサイクルと言うように、古いテレビや冷 蔵庫を処分するのにはお金がかかりますが、自動車の場合も同じことになります。そして自動車にはエアバッグやエアコンの中のフロンなど、処分がむずかしい ものもあるので、処分費用もメーカーごとに違ってくるのも実情です。

 

それから、ただパーツを取り外すだけでは無くてその取り外したパーツはリビルト(中 古)パーツとしての利用をされるために解体業者などからリビルトパーツ業者におろされることも多く、リビルトパーツでもかまわないから欲しい、と言う人々 にとっては絶大な支持を受けています。このように、自動車は動かなくなってしまったとしてもまだまだ使えるパーツの宝庫でありますから、リサイクルには もってこいの製品であることがうかがえるのです。

 
立川のミュゼ情報
 

 

 

 

コメントは受け付けていません。