タイヤと環境に関する法律

自動車が環境に与える影響といえば排気ガスがまず思い浮かぶかと思いますが、それ以外にも環境に悪影響を与えるとして法律で規制されたのがタイヤです。その法律が生まれる前に雪道で利用されていたスパイクタイヤはこの規制によって現在は販売されなくなり、現在雪道で利用されるタイヤはスタットレスタイヤになっています。一体どうしてこのスパイクタイヤは法律で規制されることになったのでしょうか。

 

スパイクタイヤがどうして販売停止することになったかは法律の名前にそのまま表れており、「スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律」とあるようにスパイクタイヤによって発生する粉じんが環境に多大な影響を与えるためスパイクタイヤを規制することになったといいます。スパイクタイヤによってどうして粉じんが発生したのかというと、スパイクタイヤに取り付けられたスパイクのせいで氷や雪と一緒にアスファルトも一緒に削ってしまい、その結果粉じんが舞うようになってしまったからだそうで、粉じんのせいで空気がひどく汚染されるようになった結果スパイクタイヤが利用されていた当時の北海道では雪祭りの雪像が粉じんのせいでアスファルトのような色になったといいます。こうした目に見える環境の変化があったこともあって法律の施行は非常に早かったそうです。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。