車のリサイクルに関する法律

現在日本のいたるところを走っている自動車ですが、自動車のほとんどは10年ほどで走れなくなることが多く、そのころには廃棄する方も大勢います。こうして廃棄された自動車の多くは廃品業者などによって引き取られ、リサイクルができる金属やエンジンなどのパーツごとに分解されて様々な形で再利用されます。しかしその後に残った破砕ごみやエアバッグを膨らませたりエアコンに利用されているガス類は爆発の危険があったり処理にお金や手間が掛かったりと業者側としては非常に面倒だったため不法投棄などを行なう悪質な業者が非常に多かったことを受けて施行されたのが「使用済自動車の再資源化等に関する法律」です。

 
「使用済自動車の再資源化等に関する法律」はその名の通り使用済み自動車の再資源化に明確なルールを持たせるための法律です。例えば廃棄した自動車から出る破砕ごみやエアバックやカーエアコン内にあるガスの処分を自動車メーカーや輸入業者に義務付けたり、それらの費用を自動車の所有者に負担させるようにしたりなど、この法律が施工される前に問題となっていた廃棄自動車の処理の負担などを所有者に義務付けることで業者側の負担を削減し、不法投棄などの要因を排除することで自動車のリサイクルをより推し進めて環境保護を行なう事が出来るようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。