環境に関する車の法律

環境保護のために施行された法律の中には自動車にまつわる法律も多く存在します。そうした法律が無かった時代の自動車は環境汚染を引き起こすよう要因が非常に多くあり、そうした法律がほとんど無かった昭和40年代のマイカーブームの時期などは自動車ばかりが原因というわけでもありませんが急速に進んだ環境汚染の要因の一つになったのは間違いありません。そうした時代背景もあって現在はそうした環境保護のための法律に準じた自動車を製造販売する事が義務付けられているため、現在使われている自動車は昔ほど環境に悪影響を与えてはいないはずです。

 

環境に関する自動車の法律は色々ありますが、皆さんは自動車が環境に影響を与えるものといえば何を思い浮かべますか?排気ガスや廃棄方法など色々な要素が思い浮かぶかと思いますが、そうした環境に悪影響を及ぼすと思われる要素のほとんどには法律で何らかの規制がなされていたり、規則が存在していると考えていいほど環境に関する法律は徹底しており、昔に比べると圧倒的に現在の自動車のほうが環境にやさしくなっています。さらに最近では電気自動車や燃料電池車などさらに環境に配慮した自動車の研究も本格的に行なわれているので、これから先自動車はさらに環境にやさしいものになるでしょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。