排気ガスにまつわる法律

自動車を利用することで環境に影響を与える一番の要因となっているのが排気ガスです。自動車から発生する排気ガスはガソリンや経由などの燃料を燃焼することによって一酸化炭素や炭化水素、窒素酸化物などの有害物質を排出し、大気汚染を引き起こします。実はこうした有害物質は排気ガス全ての成分の内のごく一部なのだそうですが、現在利用されている自動車の数がとてつもない数のため一台一台が出す有害成分が微量でもそれが難題も集まることで深刻な環境汚染の原因となっているのです。こうした排気ガスの有害物質を極力減らすために現在自動車には法律によって様々な規制がなされています。

 
現在日本で利用されている自動車は「自動車排出ガス規制」によって排気ガスの排出量の上限が定められています。この帰省は単体規制、車種規制、運行規制の3種に大別する事が出来ます。例えば単体規制は一定走行条件下における排気ガスが規定内におさまっていない場合はその自動車の新車登録をさせず、規定内に収まる自動車のみを国内外に販売する事が出来るという規制といった具合に各種規制によって違った形で排気ガスの排出を抑えるための規制が設定されており、この規制のおかげで現在販売されている自動車は排気ガスの排出量を極力抑えたものだけになっています。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。