排気ガスに関する法律が生まれるまで

現在日本で利用されている自動車は排気ガスに関する規制が法律によって義務付けられています。自動車の排気ガスには一酸化炭素や窒素化合物などの有害物質が多数含まれているため、これらの規制が一切なされていない自動車は環境保護に多大な悪影響を与えるとして非常に厳しい規制がなされています。現在の自動車排出ガス規制が義務付けられるようになったのは昭和48年からでその前はそうした規制は一切行われていなかったのですが、そのころの日本の環境はどのような状態だったのでしょうか。

 
排気ガスに関する規制が法律で義務付けられるようになる前の昭和40年代前半はいわゆるマイカーブームの真っ只中でした。トヨタや日産が低価格帯の大衆車の販売を本格的に開始するようになってから今までお金持ちのものだった自動車を自分のものにする事が出来ると多くの方が自動車を買い求め、日本はこの時から自動車社会に突入するようになったといいます。しかしその結果大量の車が発生させる排気ガスによって大気は急速に汚染され、そのころ行なわれていた規制だけではとても環境を保護することは出来ないとしてどんどん規制を強化していき、現在の形に落ち着いたそうです。しかし日本の自動車の数は多く、現在の規制でも環境汚染を抑えることは中々難しいようです。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。