‘パーツ’ カテゴリーのアーカイブ

足回り関係

2013/09/03

自動車はいくらエンジンが凄くても、いくら高級なボディを乗っけていても、それが動かなければただの部屋のディスプレイとなんにも変わりません。それを動 かすためには人間の足と同じく足回りが必要ですが、これもまた自動車のリサイクルの中ではよくリサイクルされています。

 

リサイクルされるものは足回りでも いろいろですが、まず、ベッドのスプリングと同じように衝撃を吸収してくれるサスペンションからはじまり、まだまだミゾ山の残っているタイヤもそうです し、ブレーキのディスク、新品同様のパッドなどもそうです。ワキ脱毛はミュゼ 大宮が人気です。またそうしたよく知られている部分だけではなく、アーム類であったり、タイヤの切れる角度を決 めているナックルや、前述のサスペンションからバネだけを取り外して売ることもあります。

 

足回りのパーツは自動車の走行にかんしては特に重要な部分であ り、地面エンジンからのパワーを伝える役目を果たしているわけですから、これらのパーツがしっかりしていなければ快適な走行が出来ないことになります。し かし、安全性にもかかわるので、こうした足回りのパーツはきちんとまだ使えるかどうかのチェックを、業者はしっかりとするようにしていますので信頼できる と言えます。

 

 

 

 

 

ボディ関係

2013/09/03

いわゆる「部品取り」と呼ばれる自動車からは、実に多くのパーツが取り外されていきます。それは言葉は少し悪いですが、亡くなった人が心臓などの臓器を提 供する『ドナー』としての役割とまったく一緒のことになります。中でもボディ関係のパーツをドナーとして提供することはとても多く、解体屋さんに行って、 そこで自分の車と同じ車を探してパーツを安く提供してもらうと言うことは日常茶飯事であります。

 

ボディパーツは外装、内装問わずに売れるものであります が、たとえば車のフェンダーを潰してしまったから、中古のフェンダーで良いから交換したいと言ったときに、ドナーからリサイクルされてフェンダーが提供さ れたりします。また純正のシートがぼろぼろになってしまったからと言ったときや、ライトまわりのパーツ、ハンドル、窓ガラスと言ったものまで自分の乗って いる車とぴったり合うものがあれば、中古のパーツで安くドナーから提供してもらえるのです。

 

ボディは車の状態には特にかかわってくるものであり、エンジン よりも重要な部分とまで言われていますしドライバーの命を守る部品も多いですから、リサイクルパーツと言えどもあなどれない自動車の部品のカテゴリーなの は確かです。

 

 

 

 

 

エンジン関係

2013/09/03

buhin500

 

エンジンは、自動車にかぎらず機械系製品の動力として使われる、あるいは呼称されている部分のことであります。当然自動車でもそのエンジンが動力となり、 それを駆動系パーツを通してタイヤにパワーを伝えて車体を動かすようになっていますが、こう言った自動車をリサイクルするときに、まだまだ使えるエンジン のパーツをエンジンから取り外して、そして別の自動車のスペアパーツとして使うと言うことはもはや車業界では当たり前のことになっています。

 

いわゆる「部 品取り車」と言われる自動車から取ったエンジンパーツがこの部分になりますが、どんなパーツをエンジンから取り外して再利用できるのかと言うと、まずはエ ンジンそのものをごっそりまるごとリサイクルすることからはじまります。エンジンを取り外し、それ単体で販売することがありますが、どこかひとつでもエン ジンの部品が劣化しているとその部分だけは取り外さなければなりません。

 

そうなるとエンジン単体では売りには出せますが、『この部分だけが欠品している』 と言うような注意書きが必要です。パーツ単体としてはキャブレターやカム、ピストン、インジェクター、エキマニ、マフラー、パイプ類など多岐にわたりま す。

 

 

 

 

 

リサイクルパーツ

2013/09/03

自動車のリサイクルをするとなれば、当然リサイクルと言う言葉が入っているわけですから、その自動車からまだまだ使えるパーツを取り外して再利用すること ももちろんあるのです。自動車は消耗品ではありますが、今の時代は昔と違って自動車のパーツの耐久度も大幅に高くなったので、メンテナンスフリーで自動車 を乗れる時代になりました。

 

ですがいつかは自動車を買い替えたり、自動車が入らなくなると言うことももちろんありますから、そのときに下取りや売却に出し たり、廃棄処分することの選択をオーナーは迫られます。その中で値段が付かずに廃車として廃棄処分をするとなると、いくらかのお金を支払ってリサイクルに 出さなければなりません。そうしてリサイクルに出された自動車はパーツの選別をすると言うわけです。

 

非常に多くのパーツから成り立っている自動車は、その パーツの耐久度もそれぞれ違うわけですから、まだまだ使えるパーツの数も廃棄する自動車の状態によって決まります。基本的には大きく分けてまだまだ使える パーツが取れる場所は、エンジン関係、ブレーキやサスペンションなどの足回り、シートやハンドルなどのボディ関係に分けられ、中古パーツショップなどにお ろされることもあります。

 
ミュゼ 八王子東急スクエア店の店舗情報