‘概要’ カテゴリーのアーカイブ

リサイクル料金

2013/09/03

a1260_000014

 

家電のリサイクル料金は大体冷蔵庫や洗濯機、テレビやクーラーなどで相場がだいたいで決まっていますが、自動車のリサイクル料金にかんしては実のところ いったいどのくらいになるのでしょうか。結論から言ってしまえば、『メーカーごとに処分費用が違う』と言うことになります。

 

たとえばトヨタ、日産、ホンダ などといった国内メーカーをくらべてみても、処分費用にはそれぞれのメーカーごとであったり、車種ごとに違いが出てくるのが当たり前になっています。ワキ脱毛ならミュゼプラチナム 横浜の評判がいいですね。それ からボディのタイプで言えば一般のセダンやワゴンよりも、大型の自動車であるバスやトラックなどといった自動車の方が処分費用が高くなります。

 

このように 自動車のリサイクル料金には差があることを覚えておくと良いと言うことと、その自動車メーカーのホームページにおいては『この自動車にはこれだけのリサイ クル料金がかかる』と言うことが明記されていますので、それを見て自分がリサイクルに出したい自動車の料金をチェックすることで、いざ自動車をリサイクル に出すと言うことになったときに代金が足りない、と言うことを防ぐことが出来ます。ですから、こうした下調べはきっちりとしておくことに越したことはあり ません。

 

 

 

 

 

問題点

2013/09/03

自動車のリサイクルはとてもエコロジーな方法とされていますが、どんなものでも完璧と言うわけには行きません。当然、この自動車リサイクル法にかんしても 問題点はあるわけです。どんな問題点があるのかと言うと、たとえばの話ですが自動車の買い取り業者の中に悪徳な業者が居て、わけのわからない別料金や追加 費用を請求され、断わると脅迫に近い、あるいは脅迫をすると言うようなものがあります。

 

それと同じことで、自動車のリサイクル業者の中にも悪徳業者が存在 していることが問題になっているのです。こっちの悪徳業者はどう言ったところが悪徳なのかと言うと、最初に安い料金を提示しておいて、後から追加料金がか かったなどと言って高額な料金を請求するケース。本来無料のはずの手続きであるはずなのに、それの代行手数料をなんの説明も無く後から突然請求したりする などと言うことです。

 

これらの場合ですが、請求されたときにはもはや手遅れである場合が多いもの。何故かというとすでに車が引き取られた後であることが多 いため、こうした料金を支払わないとひどい目にあうぞと言うような脅迫をしてくるのです。こういう場合はしかるべき所に相談し、問題の解決を目指しましょ う。

 

 

 

 

 

制定された背景

2013/09/03

この自動車リサイクル法が制定されたのは何故なのかと言うと、2002年時点で国内だけでも1年間で約400万台、と言われるほど大量に廃棄されている自 動車がきっかけでした。しかし、こうした廃棄されていた自動車の中にはリサイクルできる鉄製品などからはじまり、サスペンションやガラス、エンジンなどの まだまだ使えるリビルト(中古)パーツが多く残されており、それを解体業者などが取り外してリサイクルしてしていたのです。

 

これが今の自動車リサイクル方 の原型となっていた動きでしたが、こうした廃棄自動車の中には金属を取り除いた後にどうしても残ってしまうシュレッダーダスト、取り外すときに爆発の危険 性がとても大きい事故の衝撃から身を守ってくれることで有名なエアバッグ、オゾン層の破壊の原因になっているエアコンなどのフロン類の処分がむずかしく、 処分するにしてもお金がかかるので、結果として不法投棄などが問題になっていたのです。なので、こうした問題を解消するために自動車のユーザーには、自動 車を廃棄するときのこうした費用の負担をしてもらうことと、業者にはしっかりリサイクルをしてもらうことを義務付けるために、この法律が制定されたので す。

 

 

 

 

 

概要と対象の自動車

2013/09/03

自動車がリサイクルに出される時には、この自動車リサイクル法と言う法律が絡んできますが、これは『自動車を安全にリサイクルして、まだまだ使える部品の 再利用の活性化を目指す』ものとして制定されました。中身としてはシンプルなものであり、、自動車の購入時に『リサイクル券』を購入して、リサイクルのか かる料金をその自動車のオーナーが支払う』と言うものがあったり、『自動車のリサイクルセンターがこれを主導する』と言う形になっていたり、『自動車メー カーは自動車のリサイクルにかんしての責任をしっかりと果たす』と言うものなどがあります。

 

そして対象となる自動車ですが二輪車や、けん引するための車、 小型や大型の特殊な自動車、そのほかに政令でさだめているもの以外の自動車がすべてリサイクルの対象になります。もちろんトラックやバスなどといった大型 の自動車も対象になっていますし、ナンバープレートがついていない自動車も同じことです。ですが保冷車などの取り外して使う装置は対象外になります。ま た、二輪車は各二輪車のメーカーがそれぞれ独自にリサイクルに乗り出すことになったため、この自動車リサイクル法とはまた別に扱われるものとされていま す。

 

 

 

 

 

自動車のリサイクル

2013/09/03

リサイクルとひとくちに言っても、それはリサイクルをする製品によって処分の内容や方法が変わってきます。ペットボトルや空き缶などはそれ専門の業者が、 たとえばの話ですがペットボトルを粉砕して制服の材料にするなどと言うように新たな資源に生まれ変わらせてくれますし、ダンボールや古新聞などは古紙の回 収業者が集めて持って行ってくれます。

 

しかし、自動車をリサイクルするとなるとどうなるのでしょうか。今では家電リサイクルと言うように、古いテレビや冷 蔵庫を処分するのにはお金がかかりますが、自動車の場合も同じことになります。そして自動車にはエアバッグやエアコンの中のフロンなど、処分がむずかしい ものもあるので、処分費用もメーカーごとに違ってくるのも実情です。

 

それから、ただパーツを取り外すだけでは無くてその取り外したパーツはリビルト(中 古)パーツとしての利用をされるために解体業者などからリビルトパーツ業者におろされることも多く、リビルトパーツでもかまわないから欲しい、と言う人々 にとっては絶大な支持を受けています。このように、自動車は動かなくなってしまったとしてもまだまだ使えるパーツの宝庫でありますから、リサイクルには もってこいの製品であることがうかがえるのです。

 
立川のミュゼ情報