‘法律’ カテゴリーのアーカイブ

車のリサイクルに関する法律

2013/09/03

現在日本のいたるところを走っている自動車ですが、自動車のほとんどは10年ほどで走れなくなることが多く、そのころには廃棄する方も大勢います。こうして廃棄された自動車の多くは廃品業者などによって引き取られ、リサイクルができる金属やエンジンなどのパーツごとに分解されて様々な形で再利用されます。しかしその後に残った破砕ごみやエアバッグを膨らませたりエアコンに利用されているガス類は爆発の危険があったり処理にお金や手間が掛かったりと業者側としては非常に面倒だったため不法投棄などを行なう悪質な業者が非常に多かったことを受けて施行されたのが「使用済自動車の再資源化等に関する法律」です。

 
「使用済自動車の再資源化等に関する法律」はその名の通り使用済み自動車の再資源化に明確なルールを持たせるための法律です。例えば廃棄した自動車から出る破砕ごみやエアバックやカーエアコン内にあるガスの処分を自動車メーカーや輸入業者に義務付けたり、それらの費用を自動車の所有者に負担させるようにしたりなど、この法律が施工される前に問題となっていた廃棄自動車の処理の負担などを所有者に義務付けることで業者側の負担を削減し、不法投棄などの要因を排除することで自動車のリサイクルをより推し進めて環境保護を行なう事が出来るようにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイヤと環境に関する法律

2013/09/03

自動車が環境に与える影響といえば排気ガスがまず思い浮かぶかと思いますが、それ以外にも環境に悪影響を与えるとして法律で規制されたのがタイヤです。その法律が生まれる前に雪道で利用されていたスパイクタイヤはこの規制によって現在は販売されなくなり、現在雪道で利用されるタイヤはスタットレスタイヤになっています。一体どうしてこのスパイクタイヤは法律で規制されることになったのでしょうか。

 

スパイクタイヤがどうして販売停止することになったかは法律の名前にそのまま表れており、「スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律」とあるようにスパイクタイヤによって発生する粉じんが環境に多大な影響を与えるためスパイクタイヤを規制することになったといいます。スパイクタイヤによってどうして粉じんが発生したのかというと、スパイクタイヤに取り付けられたスパイクのせいで氷や雪と一緒にアスファルトも一緒に削ってしまい、その結果粉じんが舞うようになってしまったからだそうで、粉じんのせいで空気がひどく汚染されるようになった結果スパイクタイヤが利用されていた当時の北海道では雪祭りの雪像が粉じんのせいでアスファルトのような色になったといいます。こうした目に見える環境の変化があったこともあって法律の施行は非常に早かったそうです。

 

 

 

 

 

排気ガスに関する法律が生まれるまで

2013/09/03

現在日本で利用されている自動車は排気ガスに関する規制が法律によって義務付けられています。自動車の排気ガスには一酸化炭素や窒素化合物などの有害物質が多数含まれているため、これらの規制が一切なされていない自動車は環境保護に多大な悪影響を与えるとして非常に厳しい規制がなされています。現在の自動車排出ガス規制が義務付けられるようになったのは昭和48年からでその前はそうした規制は一切行われていなかったのですが、そのころの日本の環境はどのような状態だったのでしょうか。

 
排気ガスに関する規制が法律で義務付けられるようになる前の昭和40年代前半はいわゆるマイカーブームの真っ只中でした。トヨタや日産が低価格帯の大衆車の販売を本格的に開始するようになってから今までお金持ちのものだった自動車を自分のものにする事が出来ると多くの方が自動車を買い求め、日本はこの時から自動車社会に突入するようになったといいます。しかしその結果大量の車が発生させる排気ガスによって大気は急速に汚染され、そのころ行なわれていた規制だけではとても環境を保護することは出来ないとしてどんどん規制を強化していき、現在の形に落ち着いたそうです。しかし日本の自動車の数は多く、現在の規制でも環境汚染を抑えることは中々難しいようです。

 

 

 

 

 

排気ガスにまつわる法律

2013/09/03

自動車を利用することで環境に影響を与える一番の要因となっているのが排気ガスです。自動車から発生する排気ガスはガソリンや経由などの燃料を燃焼することによって一酸化炭素や炭化水素、窒素酸化物などの有害物質を排出し、大気汚染を引き起こします。実はこうした有害物質は排気ガス全ての成分の内のごく一部なのだそうですが、現在利用されている自動車の数がとてつもない数のため一台一台が出す有害成分が微量でもそれが難題も集まることで深刻な環境汚染の原因となっているのです。こうした排気ガスの有害物質を極力減らすために現在自動車には法律によって様々な規制がなされています。

 
現在日本で利用されている自動車は「自動車排出ガス規制」によって排気ガスの排出量の上限が定められています。この帰省は単体規制、車種規制、運行規制の3種に大別する事が出来ます。例えば単体規制は一定走行条件下における排気ガスが規定内におさまっていない場合はその自動車の新車登録をさせず、規定内に収まる自動車のみを国内外に販売する事が出来るという規制といった具合に各種規制によって違った形で排気ガスの排出を抑えるための規制が設定されており、この規制のおかげで現在販売されている自動車は排気ガスの排出量を極力抑えたものだけになっています。

 

 

 

 

 

環境に関する車の法律

2013/09/03

環境保護のために施行された法律の中には自動車にまつわる法律も多く存在します。そうした法律が無かった時代の自動車は環境汚染を引き起こすよう要因が非常に多くあり、そうした法律がほとんど無かった昭和40年代のマイカーブームの時期などは自動車ばかりが原因というわけでもありませんが急速に進んだ環境汚染の要因の一つになったのは間違いありません。そうした時代背景もあって現在はそうした環境保護のための法律に準じた自動車を製造販売する事が義務付けられているため、現在使われている自動車は昔ほど環境に悪影響を与えてはいないはずです。

 

環境に関する自動車の法律は色々ありますが、皆さんは自動車が環境に影響を与えるものといえば何を思い浮かべますか?排気ガスや廃棄方法など色々な要素が思い浮かぶかと思いますが、そうした環境に悪影響を及ぼすと思われる要素のほとんどには法律で何らかの規制がなされていたり、規則が存在していると考えていいほど環境に関する法律は徹底しており、昔に比べると圧倒的に現在の自動車のほうが環境にやさしくなっています。さらに最近では電気自動車や燃料電池車などさらに環境に配慮した自動車の研究も本格的に行なわれているので、これから先自動車はさらに環境にやさしいものになるでしょう。